« 危機的なお産現場の実態 | トップページ | 脱温暖化2050プロジェクト »

2006/06/14

中国、2010年までに農村の汚染用水と水不足問題を解決方針

水利省農村水利司姜開鵬・副司長が5日に明らかにしたところによると、2006年から2010年までの「第11次5カ年計画」期間中、1億農村住民を対象に、フッ素、ヒ素の含有量が多い、苦い・塩っぽい水、汚染水を日常用水としている用水問題、および一部地域の水不足問題を解決する計画を明らかにした。

投資総額が400余り億元。このうち、国家財政資金が200億元、地方による資金繰りが200数億元。

なお、2004年末時点の中国農村飲用水不安全人口は3億2200万だった。

(日中グローバル経済通信)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 危機的なお産現場の実態 | トップページ | 脱温暖化2050プロジェクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10527344

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、2010年までに農村の汚染用水と水不足問題を解決方針:

« 危機的なお産現場の実態 | トップページ | 脱温暖化2050プロジェクト »