« 「日本、格差大きい国に」・OECDが審査会合で見解 | トップページ | 2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ »

2006/06/27

子どもたちを守れる社会を作ろう

天外伺朗さんの「宇宙の神秘 誕生の科学」に出て来る「トラウマレス・ベイビー構想」を想起した。われわれはマイナスの連鎖を断ち切る努力を続けなければならない。

◆児童虐待相談件数、3万件超す・過去最高
 
猪口邦子少子化担当相は27日の閣議で、2006年版の「青少年の現状と施策」(青少年白書)を報告した。4年度の児童虐待に関する児童相談所への相談件数は3万3408件と過去最高。年齢別では3歳から小学生の被害が6割以上を占め、弱い立場の児童が幼少段階から虐待されるケースが目立った。

白書は児童虐待を「早急に取り組むべき社会全体の課題」と位置付け、積極的な施策の推進を盛り込んだ。相談件数は1990年度の1101件の30倍以上に急増。虐待の内容別では「身体的虐待」が44.5%と最も多く、親が育児を放棄する「ネグレクト」36.7%、「心理的虐待」15.6%、「性的虐待」3.1%の順だった。

児童虐待防止法は04年の改正で、虐待を発見した場合に限っていた国民の通告義務を、証拠はなくても身体のあざなどから「虐待を受けたと思われる子ども」を見つけた場合に拡大している。一方、05年に窃盗など刑法犯で検挙された少年の数は12万3715人。前年に比べ8.3%減ったが、人口1000人当たりでは15.9人と成人(2.5人)の約6倍の高率となった。

(日経 6/27)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 「日本、格差大きい国に」・OECDが審査会合で見解 | トップページ | 2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10701620

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちを守れる社会を作ろう :

« 「日本、格差大きい国に」・OECDが審査会合で見解 | トップページ | 2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ »