« 胎内記憶:幼児の3割が鮮明に語り | トップページ | 国連環境計画:主要砂漠で10~20%の降雨量減少を予想 »

2006/06/05

中国環境白書:汚染苦情、3年間で114万8000件

中国政府は5日、「環境白書」(1996~2005年)を公表し、03年以降の3年間で環境汚染に関して国民から受理した苦情が114万8000件に上ったと明らかにした。有害汚染物質を河川に流出させるなど重大な汚染を引き起こして生産停止に追い込まれた企業は鉄鋼や化学、製紙業を中心に95年だけで2600社以上に上り、96~00年では8万4000社が閉鎖されたという。

白書公表には、深刻な環境汚染や「汚染輸出」への批判を受け、環境保護を重視する中国政府の姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。

白書によると、国民の苦情の97%は適正に処理され、主要都市で苦情を申し立てた国民の8割はその後の当局の処置に満足しているという。

国家環境保護総局の祝光耀副局長は同日、記者会見し、環境汚染が中国経済にもたらす損失は全体の1割前後との試算を示した。また、昨年1年間に環境保護のために投じた資金は2388億元(約298億ドル)で、国内総生産(約2.26兆ドル)に占める割合は1.31%だと明らかにした。

(毎日 6/5)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 胎内記憶:幼児の3割が鮮明に語り | トップページ | 国連環境計画:主要砂漠で10~20%の降雨量減少を予想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10405287

この記事へのトラックバック一覧です: 中国環境白書:汚染苦情、3年間で114万8000件 :

« 胎内記憶:幼児の3割が鮮明に語り | トップページ | 国連環境計画:主要砂漠で10~20%の降雨量減少を予想 »