« 中国、2010年までに農村の汚染用水と水不足問題を解決方針 | トップページ | 未曾有の海洋汚染にならないか »

2006/06/14

脱温暖化2050プロジェクト

6月13日のシンポジウムを聴講してきた。

途中で小池環境大臣のスピーチもあり、会場も大いに盛り上がった。しかしながら、政策面、技術面での話が多く、金融という切り口での話がほとんど出てこなかったことが残念だった。

日英共同プロジェクトでありながら、パネリストにインドと中国から参加があったことが画期的であったと思う。

シンポジウム概要

プロジェクトの概要(2004年環境省報道発表資料)

研究概要スライド(2004年7月2日第一回全体会合内部資料)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 中国、2010年までに農村の汚染用水と水不足問題を解決方針 | トップページ | 未曾有の海洋汚染にならないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10528155

この記事へのトラックバック一覧です: 脱温暖化2050プロジェクト :

« 中国、2010年までに農村の汚染用水と水不足問題を解決方針 | トップページ | 未曾有の海洋汚染にならないか »