« 「生活苦」世帯は56・2%、4年連続で過去最高 | トップページ | 経産省、「製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業」参加企業を募集 »

2006/06/28

経産省、三菱商事のCDMプロジェクトを承認

経済産業省は、三菱商事のフィリピンでの廃水処理プロジェクトをクリーン開発メカニズム(CDM)事業として承認した。これにより、日本が承認したプロジェクトは合計54件目。

三菱商事のプロジェクトは、エタノール製造工場の排水からバイオガスを回収し、現在大気中に放出されているメタンの量を削減するというもの。また、回収したバイオガスをプラント内のボイラー施設で燃焼利用することで重油を代替する。これにより、1年間に排出削減できる二酸化炭素は平均8万1000トンの見込み。クレジットの獲得期間は07年7月から7年間。

(日経エコロジー)

■関連情報

経済産業省のWebサイト 

三菱商事のWebサイト 

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 「生活苦」世帯は56・2%、4年連続で過去最高 | トップページ | 経産省、「製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業」参加企業を募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10715019

この記事へのトラックバック一覧です: 経産省、三菱商事のCDMプロジェクトを承認:

« 「生活苦」世帯は56・2%、4年連続で過去最高 | トップページ | 経産省、「製品グリーンパフォーマンス高度化推進事業」参加企業を募集 »