« みずほコーポレート銀行が「グローバル環境室」を設置 | トップページ | デンマーク、中国の風力エネルギー開発に4500万クローネ支援 »

2006/06/09

資生堂、美容部員の育児時間とりやすく・交代を派遣

資生堂は百貨店などで対面販売を担っている美容部員の育児支援制度を拡充する。育児のために勤務時間を短くできる現行制度を取得しやすくするため、10月から代替要員の派遣制度を導入する。来店客の増える夕方の時間帯に限定し、新たに雇う契約社員を派遣する。育児を理由とする退職などを減らすほか、店頭でのサービス向上にもつなげる。

新たに導入する「カンガルースタッフ」は同社のOBや学生を中心に全国で約500人を採用する。美容知識などを教育したうえで、来店客の増える夕方に1日3―4時間派遣し、店頭での接客などにあたる。

同社が1991年に導入した育児時間制度は、子供が小学校に入学するまで勤務時間を1日2時間短縮できる。現在は約1万人の美容部員のうち200人程度が活用している。しかし小売店舗の営業時間が延びるなか、取得が困難なケースもあるほか、同じ職場で他の社員に負荷がかかることもあった。

(日経 6/9)

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« みずほコーポレート銀行が「グローバル環境室」を設置 | トップページ | デンマーク、中国の風力エネルギー開発に4500万クローネ支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10457731

この記事へのトラックバック一覧です: 資生堂、美容部員の育児時間とりやすく・交代を派遣:

» お母さんオためのワークシェアリング [スマイリーブログ]
 化粧品の資生堂が働くお母さんのための一歩進んだ制度に10月から取り組むようです。化粧品売り場などに立つ店員が子育てのために早めに帰宅できるように夕方限定で働く契約社員を500人雇い10月から配属するとのことです。この育児要因のための契約社員を「カンガルースタッフ」と呼ぶようです。  なんでカンガルーなのかは、さておきとてもいいアイディアですね。日本の労働環境では、ワークシェアリング制度を導入しないととてもじゃないけど育児と仕事の両立というのは実現不可能だと思います。結局、代替要因を用意しない... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 17:46

« みずほコーポレート銀行が「グローバル環境室」を設置 | トップページ | デンマーク、中国の風力エネルギー開発に4500万クローネ支援 »