« 子どもたちを守れる社会を作ろう | トップページ | 夫婦がもうける子どもの数、33年ぶりの大幅減 »

2006/06/27

2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ

政府の構造改革特区推進本部の評価委員会(委員長・八代尚宏国際基督教大教授)は27日、2歳児から幼稚園入園を認める「幼稚園特区」について、全国展開を認めることで大筋合意した。

文部科学省と運用方法などを詰めた後、9月の構造改革特区推進本部で正式決定し、2007年度から実施する予定だ。

学校教育法は、幼稚園に入園できるのは満3歳からと定めており、2歳以下は保育所にしか行けない。幼稚園特区は、2歳児の入園も可能とするもので、現在、長野、富山県や仙台市など、38自治体が認められている。

評価委員会が特区の自治体の現状を点検したところ、「保育所の待機児童が減少した」「保護者の負担軽減につながった」などと、効果を指摘する声が多かった。幼稚園を所管する文部科学省も、自治体が2歳児の発達状況に配慮することなどを条件に、「全国展開は可能」と評価委員会に回答した。

(読売 6/27)


☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 子どもたちを守れる社会を作ろう | トップページ | 夫婦がもうける子どもの数、33年ぶりの大幅減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10702458

この記事へのトラックバック一覧です: 2歳から入れます「幼稚園特区」来年度から全国展開へ:

« 子どもたちを守れる社会を作ろう | トップページ | 夫婦がもうける子どもの数、33年ぶりの大幅減 »