« UNEP 世界の環境広告を集めたウェブサイトを開設 | トップページ | CO2排出権、企業の取得3.5倍に・1―6月 »

2006/07/08

ドイツ・インド 再生可能エネルギーのための協力関係を強化

6月16日、ドイツのガブリエル環境大臣とインドのMuttemwar再生可能エネルギー大臣は、ベルリンで会談し、再生可能エネルギー分野での協力を強化していくことを確認した。
 
インドは、世界第6位のエネルギー消費国だが、同時に、再生可能エネルギーの拡大を目指す壮大な目標に向けて努力している。風力発電の分野では、インドは、既に世界第4位に輝いている。また、産業分野だけでなく、地域分散型のエネルギー供給を、風力、太陽、バイオマス、水力で実現することに努力しており、今後、25万以上の村が、再生可能エネルギーの供給を受ける計画である。
 
ドイツとインドのエネルギー分野での協力は、今年4月にハノーファーで実施されたドイツ・インドエネルギーフォーラムを起点としている。

【ドイツ連邦環境省】

☆いい情報/記事/コメントと出会えたと思われた方は、クリックをお願いします。
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« UNEP 世界の環境広告を集めたウェブサイトを開設 | トップページ | CO2排出権、企業の取得3.5倍に・1―6月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/10845119

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・インド 再生可能エネルギーのための協力関係を強化:

« UNEP 世界の環境広告を集めたウェブサイトを開設 | トップページ | CO2排出権、企業の取得3.5倍に・1―6月 »