« 三井物産、06年度の環境基金助成対象18件、2億1700万円を決定 | トップページ | 設備導入補助と組み合わせたCO2削減量の第三者認証事業実施へ »

2006/08/12

ゴア元米副大統領 気候変動をテーマに映画制作 カーボンニュートラルな試写会を開催

アメリカのゴア元副大統領が制作した気候変動についてのドキュメンタリー映画「An Inconvenient Truth(不都合な真実)」の試写会が、イギリス環境・食糧・農村地域省の主催で、7月27日、ロンドンにて開催された。
 
この映画は気候変動の脅威とその恐ろしい影響を鮮明に表現したもの。同省のミリバンド環境大臣が、気候変動問題に取組むことのできる人たちに、メッセージを広げたいという意向のもと、試写会が実現した。試写会には、地方自治体の首長、コミュニティーやボランティアグループ、NGO、関係省庁の職員などが参加した。
 
試写会はカーボンニュートラルなもので、今回の試写会に伴って排出された炭素は相殺される予定だ。
 
この映画のイギリスでの一般公開は9月8日からの予定。

【イギリス環境・食糧・農村地域省】

☆いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 三井物産、06年度の環境基金助成対象18件、2億1700万円を決定 | トップページ | 設備導入補助と組み合わせたCO2削減量の第三者認証事業実施へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/11405219

この記事へのトラックバック一覧です: ゴア元米副大統領 気候変動をテーマに映画制作 カーボンニュートラルな試写会を開催 :

« 三井物産、06年度の環境基金助成対象18件、2億1700万円を決定 | トップページ | 設備導入補助と組み合わせたCO2削減量の第三者認証事業実施へ »