« 慢性疲労症候群 | トップページ | 「飢餓体験」も食育の一環 »

2006/09/15

キレる小学生

小(中)学生だからといって暴力行為や他の生徒への学習妨害が許されるわけではない。学校は学びの場である。生徒自身に学ぶ意欲がなく、親が責任を持って行動を制御できないのであれば、他の生徒に迷惑をかけることを許容してまで在籍させる理由などない。多数の迷惑・不利益こそ解決されるべき問題である。

限界を超えれば“強制退席”も

(読売 9/15)

☆いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 慢性疲労症候群 | トップページ | 「飢餓体験」も食育の一環 »