« 米有識者の73%が地球規模問題での日本の役割に肯定的評価 | トップページ | 政府、日本の温室効果ガス排出割当量を「約59億トン」と報告 »

2006/09/02

「都市と地域における炭素管理」第1回国際会議

グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)の主催、独立行政法人国立環境研究所などの共催による「都市と地域における炭素管理:地域開発とグローバル問題の関係」第1回国際会議が2006年9月4日から8日まで、メキシコシティーの首都自治大学で開催される。

GCPは、地球規模の炭素循環にかかわる自然科学と社会科学を融合した分析を通じ、国際的な炭素循環管理政策策定に貢献することを目的として、世界気候研究計画(WCRP)をはじめとする4つの国際研究計画の連携組織「地球システム科学パートナーシップ(ESSP)」がスポンサーとなって発足した国際研究計画。05年10月から「都市と地域の炭素管理(URCM)」に関する活動を推進している。

今回の国際会議では、20か国以上から、自然科学・社会科学分野の研究者、各機関の意思決定に携わるアドバイザーなどが約150名が参加予定。
 
「CO2排出の過程・要因の包括的解析手法の開発」、「低炭素社会促進に向けた、炭素管理戦略と最適時期の検討」、「地域共同体のURCMの活動への参加拡大」を目的に掲げながら、(1)炭素の流れの計測と観測、(2)都市が炭素収支に与える影響範囲(フットプリント)の形態、可変性、モデル化、(3)地域開発がCO2排出に与える影響、(4)都市/地域での炭素管理に向けた環境緩和の機会・制約・挑戦--の4テーマについて討議を行う。

【国立環境研究所】

プレスリリース

〔関連情報〕

「都市と地域における炭素管理:地域開発とグローバル問題の関係」公式サイト

グローバル・カーボン・プロジェクト

地球システム科学パートナーシップ

国立環境研究所 国際研究計画・機関情報データベース(GCP、ESSPの説明あり)


☆いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 米有識者の73%が地球規模問題での日本の役割に肯定的評価 | トップページ | 政府、日本の温室効果ガス排出割当量を「約59億トン」と報告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/11729053

この記事へのトラックバック一覧です: 「都市と地域における炭素管理」第1回国際会議:

« 米有識者の73%が地球規模問題での日本の役割に肯定的評価 | トップページ | 政府、日本の温室効果ガス排出割当量を「約59億トン」と報告 »