« 少子化要因は育児世代の長時間労働 | トップページ | 多様化する環境ファイナンス »

2006/09/09

中国、環境汚染での経済的損失は7・5兆円

中国国家環境保護総局と国家統計局は7日、2004年の同国の環境汚染などによる経済的な損失が計5118億元(約7兆5000億円)にのぼるとする研究報告書を公表した。

中国が全国の汚染実態を金額に換算して発表するのは初めて。損失は同年の中国の国内総生産(GDP)の約3・05%に相当し、深刻な環境汚染の実態が裏付けられた。

中国では、中央政府が環境保護を重視する政策を打ち出しているものの、経済成長を求める地方政府による開発が依然として続いている。報告書公表は、環境汚染によるコストを示すことで、地方にブレーキをかける狙いがあると見られる。

報告書によると、水質汚染による損失が2862・8億元と全体の55・9%を占めたほか、大気汚染が2198億元、固体の廃棄物などが57・4億元の損失だったという。仮に現在の技術水準でこの汚染を処理すれば、初期投資だけで1兆800億元(約15兆8500億円)、維持管理などにさらに毎年2874億元が必要になると試算している。

(読売 9/7)

☆いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

☆コラム:「環境と金融」HP開設5周年を迎えて

|

« 少子化要因は育児世代の長時間労働 | トップページ | 多様化する環境ファイナンス »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/11818354

この記事へのトラックバック一覧です: 中国、環境汚染での経済的損失は7・5兆円:

« 少子化要因は育児世代の長時間労働 | トップページ | 多様化する環境ファイナンス »