« 排出権事業、国際協力銀が中国で展開 | トップページ | ASJ エコ貯金セミナー「環境金融教育を考える」 »

2006/10/22

学術研究と政策立案の架け橋

JCSD事務局長の黒坂三和子さんが、Herald Tribune/Asahiで以下のように紹介されています。

「Some international institutions, such as the World Resources Institute, act as bridges between academic researchers and policymakers in various environmental areas. In Japan, environmental activist Miwako Kurosaka has been leading the efforts to link the worlds of academia and policymaking. I hope similar efforts pick up steam.」

JCSD 持続可能な開発のための日本評議会

★興味深い情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 排出権事業、国際協力銀が中国で展開 | トップページ | ASJ エコ貯金セミナー「環境金融教育を考える」 »