« GRIガイドライン第3版発表シンポジウム | トップページ | 環境省 「ビデオ・写真ライブラリ」新設 »

2006/11/16

温暖化被害、2040年に1兆ドルも・国連環境計画

洪水や巨大台風など、異常気象による被害額が近年、増加傾向にあり、地球温暖化がこのまま進めば、2040年ごろには年1兆ドル(約118兆円)を超える可能性があるとの報告書を国連環境計画(UNEP)が16日までにまとめ、ナイロビでの京都議定書締約国会議で発表した。

UNEPは、温室効果ガスの削減だけでは被害を食い止めることはできず、災害による被害を最小限にするための対策強化が必要だと指摘している。

報告書によると、損害保険金の支払額などから推定した世界の自然災害による被害額は1950年から2005年までの間、年6%ずつ増加。特に2000年以降の増加傾向が著しく、05年には1000億ドルに達したと推定される。

平均気温は、40年ごろには少なくとも現在より0.6度上昇して巨大台風や洪水、干ばつなどが増加。被害額は1兆ドルを超える可能性がある。特に社会基盤整備が遅れているアフリカ地域などで大きな被害が生じるという。

(日経 11/16)

★興味深い情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« GRIガイドライン第3版発表シンポジウム | トップページ | 環境省 「ビデオ・写真ライブラリ」新設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/12713829

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化被害、2040年に1兆ドルも・国連環境計画:

» 京都議定書を巡る取り組みその後 [ニュースの海]
■地球が危ないシリーズ。シリーズ化などする気もなかったが、しなければならないテーマだと感じてしまった。ここ数日、地球温暖化に関するエントリーを2件書いた。地球の環境破壊、特に人類の経済活動による影響は地球の気温をありえないペースで変化させつつある。地球温暖化というキーワードは子供の頃から知っていたが、これほど待ったなしの状況とは恐怖を覚えた次第だ。  ・二酸化炭素濃度が過去最高に  ・中国の2050年の平均気温は2.2度上昇する予測 ■京都議定書って何?といった件は過去のエントリーを読... [続きを読む]

受信: 2006/11/17 05:54

« GRIガイドライン第3版発表シンポジウム | トップページ | 環境省 「ビデオ・写真ライブラリ」新設 »