« CDM 中国とニカラグアのプロジェクト | トップページ | COP/MOP2 薄氷の上の継続 »

2006/11/17

大気中のCO2濃度が史上最高に

世界気象機関(WMO)は、11月3日、大気中のCO2濃度(地球全体の平均値)が、史上最高となったことを公表した。
 
WMOの2005年版温室効果ガス報告書によると、CO2濃度は379.1ppmとなり、2004年の377.1ppmから0.53%上昇した。
 
1700年代と比較すると35.4%の増加であり、その大部分は化石燃料の燃焼に起因するものである。

【世界気象機関】

★興味深い情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« CDM 中国とニカラグアのプロジェクト | トップページ | COP/MOP2 薄氷の上の継続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/12723590

この記事へのトラックバック一覧です: 大気中のCO2濃度が史上最高に:

« CDM 中国とニカラグアのプロジェクト | トップページ | COP/MOP2 薄氷の上の継続 »