« 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「お金と環境」 | トップページ | 2013年からのEU排出量取引スキーム »

2006/11/27

COP12・COP/MOP2 適応に関する2つの報告書

気候変動枠組み条約締約国会議に合わせて、適応に関する2つの報告書が公表された。
 
一つは、途上国の適応策を支援するために、新しいタイプの保険や融資が必要だとする報告書「適応と気候変動への脆弱性:金融部門の役割」である。これは、UNEPの金融イニシアティブ(UNEP FI)気候変動作業グループが策定したもの。報告書は、気候変動と関連した異常気象による損害が、12年ごとに2倍になっていると警告し、最も厳しい影響を受けそうな途上国向けに、官民のパートナーシップによる新たな融資手法(気象デリバティブ、気象ヘッジなど)を創設することが必要だとしている。
 
もう一つは、アフリカにおける天水農業の可能性を指摘する報告書で、UNEPと世界アグロフォレストリー研究センターが編集した。同報告書では、気候変動の結果、水不足に悩む多くの国々やコミュニティは、雨水を集め、貯蔵することで、水の供給量を劇的に増やすことができる としている。UNEPと世界アグロフォレストリー研究センターは、低コストで簡素な、こうした技術への投資を増やすよう、各国政府やドナーに呼びかけている。

【UNEP】

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「お金と環境」 | トップページ | 2013年からのEU排出量取引スキーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/12847879

この記事へのトラックバック一覧です: COP12・COP/MOP2 適応に関する2つの報告書:

« 地球にやさしい環境づくり都民フォーラム「お金と環境」 | トップページ | 2013年からのEU排出量取引スキーム »