« U.S.EPA Climate Change | トップページ | 中国で省エネ事業拡大 »

2006/11/03

イギリス 気候変動の経済学に関する報告書を公表

イギリス政府は、気候変動について経済学的な観点から分析した報告書を公表した。これは、財務大臣が2005年7月に、世界銀行の元チーフエコノミスト、ニコラス・スターン氏らに委託したもの。
 
報告書では、何も対策を講じない場合、気候変動によって生じるコストは世界の年間GDPの最低5%、より広範なリスク等を勘案すれば、GDPの20%程度になるという。
 
その一方で、最悪の影響を避けるのに必要なコストは、今すぐ厳しい対策をとるのであれば、世界の年間GDPの約1%に留まるという(大気中のCO2濃度を450~550ppmで安定化させる場合を想定)。
 
また、報告書では、今後の国際的な枠組みに盛り込むべき事項として、排出量取引、技術協力、森林伐採の削減のための行動、適応という4点を挙げている。

【イギリス財務省】

プレスリリース

★興味深い情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« U.S.EPA Climate Change | トップページ | 中国で省エネ事業拡大 »