« 「人類は別の惑星に移住を」 ホーキング博士 | トップページ | 気候変動リスクにもろい米国 »

2006/12/01

スーパーファンドによる浄化事業完了サイトが1000カ所に

EPAは、スーパーファンドにより浄化事業が完了したサイトが1000カ所に達したことを公表した。
 
現在、EPAによりリストに掲載された全てのスーパーファンド・サイトの95%において、浄化事業が完了、あるいは実施されている。また、550カ所のサイトが、生産的な利用のために地域に戻され、あるいは戻されることとなっている。
 
EPAは、汚染サイトを地域の財産に転換する取り組みを地域とともに進めている。スーパーファンド・サイトの再開発は、8万人を超える雇用と年間27億ドルの収入をもたらしている。
 
EPAの職員は、サウス・カロライナ州にある1000番目のサイトにおいて、州・地方自治体の職員らとともにこれを祝福した。

【EPA】

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 「人類は別の惑星に移住を」 ホーキング博士 | トップページ | 気候変動リスクにもろい米国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/12897521

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーファンドによる浄化事業完了サイトが1000カ所に:

« 「人類は別の惑星に移住を」 ホーキング博士 | トップページ | 気候変動リスクにもろい米国 »