« ソニーサプライヤー行動規範 | トップページ | 三菱UFJ信託が温暖化ガス排出権で信託商品 »

2006/12/30

丸紅、中国でCO2排出権年120万トン獲得

丸紅は中国で温暖化ガスの排出権事業を拡大する。炭鉱から出るメタンガスや製鉄工場の廃熱を利用した発電など新たに3件の事業に参加。計13億円の資金を使い、二酸化炭素(CO2)換算で合計年120万トン強の排出権を獲得する。丸紅は中国での事業拡大で、世界で年1000万トン弱を確保する体制を整える。

四川省では炭鉱から出るメタンの回収とそれを使った発電に参画する。2008年から10年間にわたり、排出権を年平均50万トン得る。丸紅はガスエンジン発電機を購入する10億円を援助するほか、日中両国政府と国連への手続き、排出権の購入などを一括して担う。

(日経 12/30)

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ソニーサプライヤー行動規範 | トップページ | 三菱UFJ信託が温暖化ガス排出権で信託商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/13267103

この記事へのトラックバック一覧です: 丸紅、中国でCO2排出権年120万トン獲得:

« ソニーサプライヤー行動規範 | トップページ | 三菱UFJ信託が温暖化ガス排出権で信託商品 »