« 9割が格差の拡大・固定化を実感 連合のネット調査 | トップページ | 地球温暖化研究プログラム »

2006/12/14

中国・長江のヨウスコウイルカ絶滅

中国の長江(揚子江)だけに生息する珍しい淡水イルカのヨウスコウカワイルカ(バイジー)は絶滅したといえると、中国や米国などの研究グループが14日、明らかにした。

日本の研究者も加わり、11月から12月、6週間かけて長江で延べ3500キロにわたって大規模な調査を行ったが、1頭も発見することができなかったという。

バイジーは、数百万年前から生息していたとされる小さな目の白いイルカで、中国では「長江の女神」と呼ばれた。1980年代初めには約400頭が生息していたとされるが、1997年の探査では13頭が見つかり、2004年には1頭の目撃報告があった。

グループは、長江の頻繁な船の往来がバイジーが餌をとる際の妨げとなったほか、餌の魚の乱獲や水質汚染が生息環境を悪化させたことが減少の原因としている。

こうした環境の変化は、長江で生息数が400頭以下まで減少しているとされるスナメリにも悪影響を与えているとみられ、同グループは「このままではスナメリは第2のバイジーになる」と警告している。

〔共同 12/14〕

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 9割が格差の拡大・固定化を実感 連合のネット調査 | トップページ | 地球温暖化研究プログラム »

コメント

カワイルカ絶滅の記事からたどりつきました。なんとも悲しいニュースですね。これまで中国の開発と環境に携わってきましたが、ここ数年の中国からはバランスを失った危うさを感じます。行動を律する基準が金しかない。まるでブレーキのない高速回転の一輪車が走っているような感じ。いつか大きな事故に遭う、そんな気がしてなりません。また、記事を読みにきますね。

投稿: シュンスケ | 2006/12/15 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/13070089

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・長江のヨウスコウイルカ絶滅:

» カワイルカ [shunsuke1978]
カワイルカの絶滅 [続きを読む]

受信: 2006/12/15 00:21

« 9割が格差の拡大・固定化を実感 連合のネット調査 | トップページ | 地球温暖化研究プログラム »