« 環境省、CO2排出権取得支援へ東南アで現地調査 | トップページ | UNHCR、エイベックスと協力・ルワンダ難民の映画PR »

2007/01/15

世界の排出権取引3兆円市場に・06年は2.5倍に

温暖化ガスを排出できる権利を売買する取引が拡大してきた。2006年の排出権取引額は05年比2.5倍の280億ドル(約3兆3000億円)近くになったもようだ。排出権を獲得した後に取引所を通じて売買する取引が急拡大した。08年には京都議定書で定めた削減期間が始まるため、削減義務を負う企業が排出権獲得を急いでいるほか、排出権が投機の対象にもなってきている。

国際排出権取引協会(IETA)や世界銀行によると、排出権取引は05年から急増。06年に取引された排出権は数量ベースでも二酸化炭素(CO2)に換算して前年比2倍弱の13億トン程度となったもようだ。オランダ・アムステルダムの欧州気候取引所(ECX)では06年の総取引量が前年比5倍弱の4億5000万トンとなった。世界の取引所での売買額は06年に前年比約3倍の250億ドル程度と総取引の9割を占めたとみられる。

(日経 1/15)

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 環境省、CO2排出権取得支援へ東南アで現地調査 | トップページ | UNHCR、エイベックスと協力・ルワンダ難民の映画PR »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/13509550

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の排出権取引3兆円市場に・06年は2.5倍に:

« 環境省、CO2排出権取得支援へ東南アで現地調査 | トップページ | UNHCR、エイベックスと協力・ルワンダ難民の映画PR »