« ドイツ 「未来は原子力を必要としない」 | トップページ | 紙おむつ売り上げの一部をユニセフに寄付 P&G »

2007/01/30

氷河の減少、80年代の3倍

国連環境計画(UNEP)は29日、世界各地で氷河の縮小が急激にペースを速めており、2000~05年の間に観測された氷河融解のスピードは、1980年代の3倍に達したとする最新データを公表した。

欧州アルプスなど世界の9山脈、約30か所の氷河で行った調査結果によると、各地の氷河の厚さは、平均で年約60センチ減少。この氷が解け出すスピードは、90年代の1・6倍、80年代の3倍のペースに相当するという。また、05年に計測した氷河の厚さは、前年に比べて各地の平均で約62・5センチ縮小。04年は、同約72・5センチの氷が消失した。

調査を担当したのは、スイス・チューリヒに本部を置く研究機関「世界氷河モニタリングサービス」(WGMS)。UNEPや各国の支援を受け、各地で氷河の観測を続けている。

今回のデータについて、UNEPは「気候変動の結果、急速で大規模な環境変化が世界各地で進んでいることが裏付けられた」と懸念を表明している。

(読売 1/30)

◆氷河ピンチ、25年で10メートルも薄く 温暖化影響か

地球温暖化とみられる影響で世界の氷河の厚さが05年、平均66センチ(氷換算値)減ったことが、世界氷河モニタリングサービス(WGMS、本部・チューリヒ)が30日公表した報告書で明らかになった。80年からの25年間の厚さの減少は10メートル余りに達しているという。

WGMSは各国の研究機関や国連環境計画(UNEP)と連携して世界80カ所の氷河を観測している。うち、80年からの継続的なデータが整っている30カ所の速報データを分析した。

00~05年の氷河の厚さの年平均減少値も66センチ。これは80年代の3倍、90年代の1.6倍で、氷河のやせ方は加速している。06年も近年になく年平均気温が高かったことから、WGMSは氷河の縮小はさらに進んでいるとみている。担当研究員は「氷河の解け方は気候条件の加速度的な変化を示している」。スタイナー・UNEP事務局長は「各国政府は温室効果ガスの排出を減らすために今すぐに行動しなければならない」と訴える。

(朝日 1/30)

★いい情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ドイツ 「未来は原子力を必要としない」 | トップページ | 紙おむつ売り上げの一部をユニセフに寄付 P&G »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/13721726

この記事へのトラックバック一覧です: 氷河の減少、80年代の3倍:

» ※干ばつ難民?⇒下水処理水飲用へ:豪州の干ばつ常習化し、20... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 日本も夏場に度々渇水騒ぎがあるが、豪州(オーストラリア)北東部は干ばつが常習化し、飲み水が不足し、大変な事態になっている。               2.リサイクル水活用1)干ばつ地 干ばつに苦しんでいるのは、オーストラリア北東部クイン...... [続きを読む]

受信: 2007/01/31 17:47

« ドイツ 「未来は原子力を必要としない」 | トップページ | 紙おむつ売り上げの一部をユニセフに寄付 P&G »