« 原発の環境性能は「安全性」 | トップページ | 米シティグループが気候変動の影響と投資に関する報告書を発表 »

2007/03/19

英国政府が気候変動法案を発表

英国政府はこのほど、世界初の気候変動法案を発表した。2020年までに温暖化ガス排出量を90年比26~32%削減し、2050年までに同60%削減するという目標に、法的拘束力を持たせる。5年間続く「炭素予算」を最低15年間設置することも義務付けている。

同法案はこのほかにも、「気候変動委員会」という独立機関を新設し、専門的な観点から政府に目標達成のための助言をすることや、温暖化ガス排出量削減施策を実施しやすくするため政府に新たな権限を与えることを定めている。

気候変動委員会が独自に毎年の取り組み状況を調査し、その結果を議会に報告する仕組みを導入する。政府は少なくとも5年ごとに気候変動の影響や適応策について報告することなども定めている。同法案はパブリックコメントにかけられると同時に、議会で立法に先立つ検討が行われる。

同時に、英国政府は気候変動戦略も打ち出した。この戦略では、二酸化炭素(CO2)の回収・貯蔵や再生可能エネルギーなど低炭素エネルギー・技術への投資、エネルギー効率の飛躍的な向上を打ち出している。さらに、エネルギー事業者が需要にあわせてエネルギーを供給するのではなく、需要の低減に努めるようなエネルギー供給体制への転換、一般家庭など従来のエネルギー使用者が供給も行えるようにすることなどにより、低炭素経済に移行するビジョンを掲げている。

(日経エコロジー)

◇英国環境・食糧・地方省のサイト

★有意義な情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 原発の環境性能は「安全性」 | トップページ | 米シティグループが気候変動の影響と投資に関する報告書を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14319952

この記事へのトラックバック一覧です: 英国政府が気候変動法案を発表:

« 原発の環境性能は「安全性」 | トップページ | 米シティグループが気候変動の影響と投資に関する報告書を発表 »