« これも暖冬?まばらな流氷…北海道沿岸 | トップページ | 排出権取引市場が開く温暖化防止のドア »

2007/03/04

温暖化で干ばつ・水不足 米政権、危険性認める異例報告

地球温暖化によって水分の蒸発が促され、米国内でも干ばつの危険性が拡大、米国の北西部や南西部では水不足が生じる恐れがあるとの内容の報告書をブッシュ政権が3日までにまとめた。同日付のニューヨーク・タイムズ紙が報じた。ブッシュ大統領は温暖化を「深刻な問題」と認めているが、具体的な危険性について言及するのは異例。この報告書は米政府が近く国連に提出する。

(時事 3/4)

★有意義な情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« これも暖冬?まばらな流氷…北海道沿岸 | トップページ | 排出権取引市場が開く温暖化防止のドア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14126124

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化で干ばつ・水不足 米政権、危険性認める異例報告:

« これも暖冬?まばらな流氷…北海道沿岸 | トップページ | 排出権取引市場が開く温暖化防止のドア »