« 新型インフルエンザ対策ガイドライン | トップページ | 新エネルギー義務化、合意へ EU首脳会議 »

2007/03/08

中国からの大気汚染物質、北太平洋上で「嵐」増やす

中国などで放出される大気汚染物質の影響で、北太平洋の海上で嵐が増えていることが、米テキサス農工大などの研究で分かった。米科学アカデミー紀要(電子版)に近く掲載される。

研究チームは、世界の様々な人工衛星による雲の観測データを、1984~93年と94~2005年の2期間に分けて比較した。その結果、強烈な嵐や雷雨につながる「深い対流雲」が、94年以降は太平洋北部で20~50%も増加していた。

中国などアジア地域では暖房用に石炭やまきを燃やすため、すすや硫酸化合物が発生し、偏西風によって太平洋上へ運ばれる。汚染物質が水分を集める核となり、雲を成長させることも、コンピューターによる再現実験で確かめられた。

研究チームは「深い対流雲の増加によって地球全体の大気循環が変わり、特に極域の気象に大きな影響が及ぶ」と指摘している。

(読売 3/8)

★有意義な情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 新型インフルエンザ対策ガイドライン | トップページ | 新エネルギー義務化、合意へ EU首脳会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14191720

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からの大気汚染物質、北太平洋上で「嵐」増やす:

« 新型インフルエンザ対策ガイドライン | トップページ | 新エネルギー義務化、合意へ EU首脳会議 »