« 潜在的ブラウンフィールドは約2.8万ヘクタール | トップページ | 「京都議定書目標達成計画」見直しに向け意見募集 »

2007/04/21

母親の喫煙がADHD発症率高める

◇ADHD発症児の母、喫煙率一般の2倍

落ち着きがないなどの症状が表れるADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことが、大阪府の小児科医の調査でわかった。

母親の喫煙とADHD発症との関係を示す研究は、これまで海外ではあるが、日本では初めてという。

ADHDは、生まれつきの脳の機能異常による発達障害とされ、集中力がない、衝動的な行動をするなどが特徴。治療経験の豊富な大阪府寝屋川市の小児科医院の安原昭博院長が、小児患者の母親167人に喫煙歴などをアンケートした。

その結果、喫煙経験は47%にあり、妊娠時にも35%が喫煙していた。特に出産時の年齢が20~24歳の母親では、喫煙率が88%にのぼった。

一般の出生児を対象にした厚生労働省調査では、母親の喫煙率は17%、うち20~24歳は35%で、ADHD児の母親は2倍程度高い。安原院長は「ADHDには遺伝的要因もあるが、母親の喫煙も関係があると考えられる。妊娠が分かってから禁煙したのでは遅い可能性がある」と話す。京都市で21日開かれる子どもの防煙研究会で発表する。

(読売 4/20)

★有意義な情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 潜在的ブラウンフィールドは約2.8万ヘクタール | トップページ | 「京都議定書目標達成計画」見直しに向け意見募集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14791218

この記事へのトラックバック一覧です: 母親の喫煙がADHD発症率高める:

» ADHD発症児、母のたばこ影響か [発展途上臨床さいころじすとの航跡blog版]
ADHD発症児、母のたばこ影響か 喫煙率が一般の2倍  落ち着きがないなどの症状が表れるADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの場合、母親の喫煙率が同年代の女性の2倍程度高いことが、大阪府の小児科医の調査でわか... [続きを読む]

受信: 2007/05/13 01:37

« 潜在的ブラウンフィールドは約2.8万ヘクタール | トップページ | 「京都議定書目標達成計画」見直しに向け意見募集 »