« FTSE4Good Climate Change Criteria | トップページ | UNEP インド太陽光発電融資プログラムが「エネルギーグローブ賞」受賞 »

2007/04/25

中国 温暖化に懸念も経済成長を優先

中国は23日までに、気候変動問題に関する初の公式調査報告書「国家気候変動評価」をまとめた。報告書は地球温暖化による広範な悪影響の可能性を認めつつも、「経済発展と国民の生活向上が引き続き主要な課題だ」と、温室効果ガスの排出削減よりも経済成長を優先する考えだ。

400ページに及ぶ報告書は、温暖化ガスの排出増による気温上昇で、国内各地で砂漠の拡大、干魃(かんばつ)や洪水の深刻化、氷河の縮小、海面上昇などが起きる公算が大きいと予測。「温暖化により農地や沿岸地域などの国内経済部門が深刻な悪影響を被るかもしれない」として、共産党が目指す持続的な発展が損なわれる恐れを指摘した。

中国は温室効果ガスの排出量が今年中にも米国を抜いて世界最大となる可能性があり、国際社会から二酸化炭素(CO2)排出量の削減で圧力が高まっている。

だが報告書は、温暖化問題には不透明な部分があり、排出量削減の義務付けは不公平で、経済的に危険だと主張。「仮に排出量削減義務を性急に受け入れれば、中国のエネルギー部門と製造業は圧迫され、中国製品の競争力は国内外で弱まりかねない」と強調した。

(時事 4/25)

★有意義な情報/記事と出会えた!と思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« FTSE4Good Climate Change Criteria | トップページ | UNEP インド太陽光発電融資プログラムが「エネルギーグローブ賞」受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14846605

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 温暖化に懸念も経済成長を優先:

« FTSE4Good Climate Change Criteria | トップページ | UNEP インド太陽光発電融資プログラムが「エネルギーグローブ賞」受賞 »