« 日本の食卓から豆腐が消える? | トップページ | 英社が「GHG排出権」格付サービス »

2007/05/21

中国北部の干ばつ 2200万ha被害

5月以来、中国北部のほとんどの地域は降水量が少なく、高温と強風に頻繁に見舞われ、農耕にとって非常に不利な天候となっている。

同じ時期に、黄河・淮河の西部、華北地域の大部分、東北地域の西部と南部、西北地域の北東部には、まともな降水はほとんどなかった。土壌に含まれている水分が急激に減少し、日照りとたたかうための水源も不足し、春季の種まきや農産物の成長に不利な影響をもたらしている。一部の地域では人間と家畜の飲み水さえ確保できなくなっている。

中国国家干ばつ・水害対策指揮本部弁公室筋によると、東北地域、華北地域、西北地域の合計2200万ヘクタールの耕地が干ばつに見舞われた。481万人、484万頭の家畜の飲み水が非常に困難となり、一部の地域の干ばつはきわめて厳しい状況にある。

(Chinanet 5/21)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 日本の食卓から豆腐が消える? | トップページ | 英社が「GHG排出権」格付サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15157894

この記事へのトラックバック一覧です: 中国北部の干ばつ 2200万ha被害:

« 日本の食卓から豆腐が消える? | トップページ | 英社が「GHG排出権」格付サービス »