« 国連安全保障理事会 気候変動問題で割れる | トップページ | UNEP 「ゴールドマン環境賞」受賞者を発表 »

2007/05/08

ドイツ CO2 40%削減を目指す「気候アジェンダ2020」を発表

ドイツ連邦環境省のガブリエル大臣は、4月26日、連邦議会において、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で40%削減するための8項目の計画を中心とする「気候アジェンダ2020」を発表した。
 
これは、3月のEUサミットで、2020年までにCO2排出量を30%削減する方針が合意されたことを受けて作成したもの。また、ドイツ連邦議会は、温室効果ガスを40%削減することを承認している。具体的な8項目の対策は次のとおり。

(1)エネルギー効率化により電力需要を11%削減(排出削減量4000万t)

(2)効率的な発電所への改修(削減量3000万t)

(3)発電における再生可能エネルギーの割合を27%以上に引き上げ(削減量2000万t)

(4)コジェネレーションの効率的な利用を25%に倍増(削減量2000万t)

(5)建築物の改修と効率的な暖房設備、生産過程におけるエネルギー消費量の削減(4100万t)

(6)熱部門における再生可能エネルギーの割合を14%に引き上げ(1400万t)

(7)交通部門における効率の改善、バイオ燃料の割合を17%に引き上げ(3000万t)

(8)メタン、その他の温室効果ガス排出量の削減(4000万t)

【ドイツ連邦環境省】

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 国連安全保障理事会 気候変動問題で割れる | トップページ | UNEP 「ゴールドマン環境賞」受賞者を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15003793

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ CO2 40%削減を目指す「気候アジェンダ2020」を発表:

« 国連安全保障理事会 気候変動問題で割れる | トップページ | UNEP 「ゴールドマン環境賞」受賞者を発表 »