« CO2排出量の伸び3倍に=2000年以降 | トップページ | それでも気温は2度上昇する »

2007/05/23

世界のCO2排出、30年に59%増 中印など高い伸び

米エネルギー省のエネルギー情報局(EIA)は、21日発表した2007年長期エネルギー需給見通しの中で、エネルギー消費に関連する世界の二酸化炭素(CO2)排出量が04年実績の269億トンから、30年には59%増加して429億トンに達するとの予想を明らかにした。京都議定書の基準となる1990年(212億トン)から起算すると約2倍となる。

EIAは、04~30年の世界のCO2排出量が年1・8%のペースで拡大し、90~04年実績の1・7%を上回ると予想。

経済協力開発機構(OECD)加盟の先進国の増加率が0・8%にとどまる一方、中国が3・4%、インドが2・6%と新興市場国、開発途上国で高い伸びが見込まれる。先進国のうち、米国は1・1%、欧州は0・3%と予想、日本は人口減少などの影響で0・1%にとどまるとされた。

EIAによると、04年のOECD非加盟国の排出量は、中国などアジアの途上国での石炭利用急増で、前年比10%近く増加し、初めてOECD加盟国の排出量を上回ったという。

またEIAは、京都議定書の発効によるCO2排出抑制効果について、(1)排出抑制のための手段が決められていない(2)12年以降の目標で合意がない-として、予想に盛り込むことは困難と指摘した。

(時事 5/23)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« CO2排出量の伸び3倍に=2000年以降 | トップページ | それでも気温は2度上昇する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15179121

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のCO2排出、30年に59%増 中印など高い伸び:

« CO2排出量の伸び3倍に=2000年以降 | トップページ | それでも気温は2度上昇する »