« ドイツ CO2 40%削減を目指す「気候アジェンダ2020」を発表 | トップページ | 世界銀行は奇奇怪怪な伏魔殿か?! »

2007/05/08

UNEP 「ゴールドマン環境賞」受賞者を発表

4月22日はアースデイ。毎年、175カ国、約5億人が参加して様々なイベントが行われる。2007年は気候変動がテーマとなった。
 
また、アースデイに合わせて、ゴールドマン環境賞が発表された。1990年にゴールドマン夫妻が創設した草の根の環境活動家を表彰する賞で、環境保護分野のノーベル賞とも言われている。受賞者は、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、小島嶼国、北米、中南米という6つの地域から選ばれる。
 
今年は、Sophia Rabliauskas氏 (カナダ), Hammerskjoeld Simwinga氏 (ザンビア), Tsetsegee Munkhbayar 氏(モンゴル), Julio Cusurichi 氏(ペルー),Willie Corduff氏 (アイルランド), Orri Vigfusson氏(アイスランド)が選ばれた。サンフランシスコのオペラハウスで表彰式が行われ、賞金12万5000ドルが授与された。

【UNEP】

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ドイツ CO2 40%削減を目指す「気候アジェンダ2020」を発表 | トップページ | 世界銀行は奇奇怪怪な伏魔殿か?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15003904

この記事へのトラックバック一覧です: UNEP 「ゴールドマン環境賞」受賞者を発表:

« ドイツ CO2 40%削減を目指す「気候アジェンダ2020」を発表 | トップページ | 世界銀行は奇奇怪怪な伏魔殿か?! »