« 北半球の汚染、南極に到達・アザラシから有害化合物 | トップページ | 用語解説 SRI(社会的責任投資) »

2007/05/16

日本海の水温、百年で1・6度上昇…世界平均の3・2倍

気象庁は15日、日本周辺海域の年平均の海面水温が、過去約100年間で0・7~1・6度上昇したと発表した。

最も高い日本海中部(秋田県沖)の上昇率は世界平均の3・2倍で、同庁は地球温暖化に伴うユーラシア大陸の気温上昇が影響していると見ている。

調査では1900年から2006年にかけて、一般商船や観測船が日本周辺海域で水深1~2メートルの水温を測った年平均のデータを、13のエリアに分けて解析。初めて100年あたりの長期的な変化傾向をまとめた。

その結果、日本海中部で1・6度、四国・東海沖北部では1・3度上昇し、沖縄県南西部の先島諸島周辺でも0・7度上昇していた。これらの数値は、約100年間で0・5度上昇した世界平均よりも1・4~3・2倍高かった。一方、北海道周辺と日本東方海域では、上昇傾向は見られなかった。

同庁海洋気象課の高槻靖海洋気象ブイロボット班長は「冬の季節風が暖かいため、海水温が下がりにくくなっている」と分析する。

海面水温の上昇がこのまま続けば、日本周辺海域で取れる魚の種類が変わったり、熱帯低気圧が発達しやすくなって強い台風が発生したりする恐れもあるといい、同課では「今後、さらに深い海中水温の変化や、10~20年単位の水温変化についても調査を進めたい」としている。

(読売 5/16)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 北半球の汚染、南極に到達・アザラシから有害化合物 | トップページ | 用語解説 SRI(社会的責任投資) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15097671

この記事へのトラックバック一覧です: 日本海の水温、百年で1・6度上昇…世界平均の3・2倍:

« 北半球の汚染、南極に到達・アザラシから有害化合物 | トップページ | 用語解説 SRI(社会的責任投資) »