« 温暖化:氷河後退、地殻が急激に隆起 米アラスカ州 | トップページ | 中国の資源外交に危うさ »

2007/05/03

温暖化ガス削減新目標、国際社会からカナダ批判の声

カナダ政府が4月下旬に公表した温暖化ガスの新削減目標に対し、国際社会から批判が強まっている。同国が批准した「京都議定書」の削減目標達成を事実上、断念したと受け取られているため。日本などほかの批准国の行動にも影響を与えそうだ。

新目標では2020年までに二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出量を06年に比べて20%削減する。カナダは議定書で12年までに1990年比で6%削減を約束した。同国の排出量は06年時点で90年比30%増えており、20年に新目標を達成しても排出量は議定書の12年の目標排出量を上回る。

「カナダ国民を惑わせる政策だ」。地球温暖化の危機を訴える映画「不都合な真実」上映のためトロントを訪れたゴア前米副大統領はこう指摘し、野党や環境団体を勢いづかせた。国連気候変動枠組み条約のイヴォ・デ・ブア事務局長も「(議定書の)約束履行は困難」と断じた。

(日経 5/2)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 温暖化:氷河後退、地殻が急激に隆起 米アラスカ州 | トップページ | 中国の資源外交に危うさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/14935165

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化ガス削減新目標、国際社会からカナダ批判の声:

« 温暖化:氷河後退、地殻が急激に隆起 米アラスカ州 | トップページ | 中国の資源外交に危うさ »