« 中国から汚染物質が「越境」 | トップページ | 京都メカニズム案件承認 CDM8件 »

2007/05/27

南極大陸で異常事態 大規模な融雪判明

南極大陸の内陸部で一昨年、氷床を覆う雪が広範囲でとける異常事態が起こっていたことが、わかった。人工衛星でとらえたデータの分析で、米航空宇宙局(NASA)が発表した。南極の内陸でこうした大規模融雪が確認されたのは初めて。観測チームは「南極の内陸で発生した、地球温暖化の影響とみられる最初の兆候。融雪地域の長期観測が必要だ」としている。

大規模な融雪が起こったのは05年1月。南極大陸の西部を中心に、海岸から900キロも内陸に入った場所や、標高2000メートルを超える高地でも発生。全体では、米国カリフォルニア州(面積約42万平方キロ)に匹敵する範囲で融雪が確認された。

当時、融雪が起こった一帯では最高気温が5度を超すなど、「異常な高温」が1週間ほど続いたという。観測チームによると「過去30年間で最も深刻な融雪」という。

南極ではこれまでも、南米側に突き出た南極半島で棚氷が海に崩落するなど、温暖化の影響とみられる現象が起こっている。しかし、観測チームによると、分厚い氷床に覆われた内陸部では、温暖化の影響と判断できる現象はほとんど確認されていなかった。

とけた雪は氷床の割れ目にしみ込んだり、氷床上で再凍結したりして、海には流れ込まなかったとみられるが、観測チームは「より大規模な融雪が起これば、氷床にしみ込んだ水で、氷床自体が滑りだし、海に押し出されてしまう恐れがある」と警告している。

(朝日 5/27)

Tky200705260235

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 中国から汚染物質が「越境」 | トップページ | 京都メカニズム案件承認 CDM8件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15225707

この記事へのトラックバック一覧です: 南極大陸で異常事態 大規模な融雪判明:

« 中国から汚染物質が「越境」 | トップページ | 京都メカニズム案件承認 CDM8件 »