« ディカプリオが語る「環境問題」 | トップページ | 西ナイル熱、鳥にも猛威 全米各地で野鳥が激減 »

2007/05/31

中国 広東省 クリーンエネルギーへの転換推進

広東省は今後5年でエネルギー消費が大きく、環境汚染の原因となる発電プロジェクトの大半を中止し、原子力、太陽光、風力などクリーンエネルギーへの転換に注力する方針だ。

現在、広東省の発電体系は効率的とはいえず、石油発電と小規模の火力発電がそれぞれ28.4%、16.0%を占める。小規模の火力発電では、大規模発電所に比べエネルギー消費量が30~50%多い。

エネルギー構造の改善に向け、広東省は第11次5カ年計画(2006~10年)期間に原子力発電分野に739億元を投資する。投資規模は初めて一般発電所を上回る。2010年までに広東省で新たに運転を開始する原発の出力は合計で200万キロワットに達し、さらに出力600万キロワットに相当する原子力発電所を着工する。

風力発電分野でも同26万キロワット相当の発電所の建設を進めるほか、36万キロワット分の建設計画も固まっている。

同省では豊富な太陽エネルギーを利用するモデル事業も進んでおり、広州市では2010年までに建物の屋根1万カ所にソーラーパネルを設置する計画だ。

(人民網日本語版 5/30)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ディカプリオが語る「環境問題」 | トップページ | 西ナイル熱、鳥にも猛威 全米各地で野鳥が激減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15261304

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 広東省 クリーンエネルギーへの転換推進:

« ディカプリオが語る「環境問題」 | トップページ | 西ナイル熱、鳥にも猛威 全米各地で野鳥が激減 »