« ジャガイモなどの野生種、温暖化で大量に絶滅も | トップページ | 親切なおまわりさんだけでは・・・ »

2007/05/27

日本の教育費補助はどうだろう?

日本ではワーキング・プアが話題に上るようになってきたが、もともと能力が高いにもかかわらず、親の経済力がないばかりに大学へ進学できない人たちへの教育費補助はどのようになっているのだろう。詳しい方がいらしたらコメントをいただきたい。

◇教育補助金は生徒1人当たり年間百万円余、米統計調査

米国勢調査局は24日、昨年の公立の初等、中等教育での生徒1人当たりへの補助金は全米平均で8701ドル(約105万円)に相当したと報告した。前年比で5%増。

連邦政府、州政府や市町村当局の関連予算から割り出した。補助金のうち47%は州政府、43.9%が地方自治体、9.1%が連邦政府の負担となっている。

教育関連支出が最大だったのはニューヨーク州で生徒1人当たり1万4119ドル、ニュージャージー州の1万3800ドル、首都があるコロンビア特別区の1万2979ドルなどが続く。上位10州のうち7州は北東部の州だった。

逆に最低水準だったのはユタ州の5257ドルで、アリゾナ州6261ドル、ミシシッピー州6575ドル、オクラホマ6613ドルなど下位グループを構成した。西部、南部の州が目立った。

標準テスト結果の成績では、北東部、北部諸州の生徒が南部、南西部諸州の生徒より好成績を挙げる傾向が浮き彫りにもなったとしている。

(CNN 5/27)

◇教育費負担と学生支援 海外調査と国際会議から
(東京大学大学総合教育研究センター・小林雅之助教授)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« ジャガイモなどの野生種、温暖化で大量に絶滅も | トップページ | 親切なおまわりさんだけでは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15224536

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の教育費補助はどうだろう?:

« ジャガイモなどの野生種、温暖化で大量に絶滅も | トップページ | 親切なおまわりさんだけでは・・・ »