« 中国 CDMが林業投資の新たな選択肢に | トップページ | 水害被災25自治体調査、ノウハウ本を出版 »

2007/06/05

欧州の哺乳類の6種に1種が絶滅の危機に

「国際生物多様性の日(5月22日)」に合わせて欧州の全哺乳類の評価が公表され、哺乳類の6種に1種が絶滅の危機に瀕していることが明らかになった。
 
国際自然保護連合(IUCN)が、欧州委員会の委託で実施した調査によれば、個体数の傾向は憂慮すべき状況にある。哺乳類の27%で固体数が減少しており、33%は傾向が不明である。増加傾向にあるものは僅か8%で、これにはヨーロッパバイソンも含まれる。
 
その他、この報告書では、対象を特定した保全手法により回復に成功した例が示されている。また、生物種の減少を食い止めるために、自然資源の利用に関するEUの政策手法を統合すべきだ としている。

【欧州委員会環境総局】

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 中国 CDMが林業投資の新たな選択肢に | トップページ | 水害被災25自治体調査、ノウハウ本を出版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15327644

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州の哺乳類の6種に1種が絶滅の危機に:

« 中国 CDMが林業投資の新たな選択肢に | トップページ | 水害被災25自治体調査、ノウハウ本を出版 »