« 国連:中国の市民環境意識向上を支援 | トップページ | 地球温暖化による解氷で数億人に影響と 国連が警告 »

2007/06/11

ホッキョクグマを追い詰めたのは誰?

中緯度地域に居住する多くの人間にとっては平均気温の上昇が数十年で2℃とか3℃とか、さも遠い未来の他人事のような話題としてしか捉えられていないが、極地に生きる生物にとっては「絶滅」は目前に迫りつつある危機である。自然環境への適応ができない人間は他のあらゆる生物たちと同じように絶滅の危機にひんすることになる。いまだ経済成長が最優先だと考えるような社会モデルの行きつく先には滅亡しかない。

◇“死の宣告”に等しい地球温暖化

◇氷のない北極は生命の気配のない世界

(日経BP 6/11)

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2


☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

|

« 国連:中国の市民環境意識向上を支援 | トップページ | 地球温暖化による解氷で数億人に影響と 国連が警告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15394361

この記事へのトラックバック一覧です: ホッキョクグマを追い詰めたのは誰?:

« 国連:中国の市民環境意識向上を支援 | トップページ | 地球温暖化による解氷で数億人に影響と 国連が警告 »