« Banking on Sustainability | トップページ | 環境と金融の融合「クリーンファンド」 »

2007/06/20

CO2排出量、中国が米国抜いて世界一に

オランダの政府系研究機関「環境評価局」(MNP)は19日、温室効果ガスの主力を占める二酸化炭素(CO2)の排出量で、中国が2006年に米国を抜き、初めて世界でトップになったとする分析結果を発表した。

英石油大手BPのエネルギー消費データなどをもとに、石油や石炭などの化石燃料を燃やして出るCO2と、セメント生産工程で排出されるCO2とを合わせて算出した。

それによると、中国の化石燃料分は約56億8000万トン、セメント分が約5億5000万トンで合計約62億3000万トン。一方、米国は計約58億トンで、中国が約4億3000万トン上回った。中国の化石燃料分の排出量が対前年比で8・7%増えたのに対し、米国は1・4%減少しており、これが米中逆転につながったという。

温室効果ガスには、森林伐採に伴って出るメタンなども含まれるが、化石燃料によるCO2が主で、温室効果ガス全体の排出量でも中国が世界でトップになった可能性がある。国際エネルギー機関は、2010年ごろに中国のCO2排出量が米国を抜くとの見通しを示していた。

(読売 6/20)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« Banking on Sustainability | トップページ | 環境と金融の融合「クリーンファンド」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15503433

この記事へのトラックバック一覧です: CO2排出量、中国が米国抜いて世界一に:

« Banking on Sustainability | トップページ | 環境と金融の融合「クリーンファンド」 »