« 中国南部の豪雨で洪水 被災者は897万人 | トップページ | 災害一日前プロジェクト(内閣府) »

2007/06/11

シンポジウム「 持続可能な社会を共創するために」

リコー・地球環境月間シンポジウム
「 持続可能な社会を共創するために」(第2回)
 ~企業活動と、生態系・生物多様性の保全の両立を目指して~ 

■主旨:昨今の環境変動などで人類の生存が危ぶまれ、私達には価値観の転換が求められています。企業も社会の一員として、環境・社会・経済の調和を図った持続可能な発展を目指していかなければなりません。
今回のシンポジウムでは、「生物多様性」とは何か?「生物多様性」が私達の生活や企業の経済活動とどのように関わっているか?「生物多様性」に対して企業はどう配慮していくべきか?など皆さんと考えたいと思います。

■日時:2007年6月25日(月)13:30~17:00(13時開場)
■会場:日本科学未来館7F みらいCANホール(東京都江東区青海2丁目41番)
新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」下車徒歩5分、「テレコムセンター駅」下車徒歩4分 ※駐車場に制限がありますので、当日はなるべく公共機関でお越しください。

■定員:250名(※応募多数の場合は先着順。お申込みの方には、参加可否のご返信をメールでお送りいたします)
■参加者:企業、NPOの関係者に限る。
■参加費:無料 

■主催:株式会社リコー
■協力:日本経団連自然保護協議会

■お申し込み方法:
氏名(ふりがな)、所属、電話番号、Emailアドレスを
ご記入の上、メールにて下記までご応募下さい。
■締め切り:6月18日(月)
■お申し込み先:
 株式会社リコー 社会環境本部 「リコー・地球環境月間シンポジウム」事務局(担当:加藤、岸)
E-mail: hidetoshi.katoh@nts.ricoh.co.jp

プログラム(予定)
13:00 開場
13:30 シンポジウムの趣旨
 谷 達雄 (株式会社リコー 社会環境本部 本部長)
13:40 特別メッセ-ジ
 『地球生命としての人類の責任』
 毛利 衛 様(日本科学未来館 館長)
13:55 キーノートメッセージ
 『持続可能な社会を支える生物多様性・生態系』
 足立 直樹 様(株式会社レスポンスアビリテイ代表)
14:20 講演『持続可能な社会を目指す組織のビジョンと 活動』(講演各25分)
 ・「生物多様性と共生する住友林業を目指して」
 小林 秋道 様(住友林業株式会社 環境経営部 チームマ ネージャー)    
 ・「企業との連携に期待する生物多様性保全」
 市田 則孝 様(バードライフアジア 代表理事、バードラ イフ・インターナショナル副会長)
15:10 休憩 
15:30 全体討議『企業活動と、生態系・生物多様性の保全の両立を目指して』
 ・「企業の腑に落ちる生態系・生物多様性の保全とは」
 ・「企業・NPOの連携によるWIN-WIN-WINの生態系・生物多様性の保全とは」
 足立 直樹 様(進行)、小林 秋道 様、市田 則孝様、
 山田順之様(鹿島建設株式会社)、
 粟野 美佳子 様(WWFジャパン 業務室ビジネスパート ナーシップマーケティンググループ長)、
 日比保史様(コンサベーションインターナショナ ル 日 本プログラム代表) 
16:50 閉会の挨拶 
 酒井 清 (株式会社リコー 取締役 専務執行役員)
17:00 閉場 

■お問い合わせ先
 株式会社リコー 社会環境本部 「リコー・地球環境月間 シンポジウム」事務局(担当:加藤、岸)
 〒160-0022 東京都中央区銀座8-13-1 
 TEL 03-6278-4199  FAX 03-3543-9342   
 E-mail: hidetoshi.katoh@nts.ricoh.co.jp

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国南部の豪雨で洪水 被災者は897万人 | トップページ | 災害一日前プロジェクト(内閣府) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15398753

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「 持続可能な社会を共創するために」:

« 中国南部の豪雨で洪水 被災者は897万人 | トップページ | 災害一日前プロジェクト(内閣府) »