« 温暖化の脅威に真実味・異変の報告、各地から | トップページ | 大気汚染物質:国境越え流入75%も »

2007/07/08

中国 環境汚染で75万人が早死に

7/3日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は、世界銀行が「中国の大都市で年間75万人が、大気や室内空気の汚染などで早死にしている」とする調査結果をまとめた、と報じた。

同紙によると、中国政府は世銀側に昨年、環境汚染で早死にした人数を、外部に公表する調査報告書に記載しないよう要求。今年3月に公表された報告書からはこの内容が削られているという。

同紙によると、世銀は中国政府の協力を得て同国の環境問題を数年にわたり調査。大都市での大気汚染で年間35万―40万人、室内の空気汚染で年間30万人がそれぞれ早死にしていると推計した。

しかし中国政府は早死にした人の数について「デリケート過ぎる問題で、(公表されれば)社会不安を引き起こす」と主張したという。

〔共同 7/3〕

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 温暖化の脅威に真実味・異変の報告、各地から | トップページ | 大気汚染物質:国境越え流入75%も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15692852

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 環境汚染で75万人が早死に:

« 温暖化の脅威に真実味・異変の報告、各地から | トップページ | 大気汚染物質:国境越え流入75%も »