« グリーンランド:45万~80万年前に森林 | トップページ | 中国企業の44%が環境保護で違法行為・チェック機能に限界 »

2007/07/06

JFEエンジなど、国内最大規模の木質バイオマスガス化発電設備を竣工

JFEエンジニアリングとJFE環境ソリューションズはこのほど、日本バイオマス開発(東京都港区)のバイオマス発電子会社であるやまがたグリーンパワーから受注した木質バイオマスガス化発電設備を竣工した。

JFEエンジとJFE環境ソリューションは2006年4月より、山形県村山市で同設備の建設を進めてきた。設備は村山市の周辺地域に豊富に存在する未利用の林業系バイオマス資源(間伐材、伐採材等)や果樹剪定材を利用した木質チップを燃料とし、木質バイオマスガス化発電設備としては国内最大の2000kWの発電を行う。発電した電力は、所内で使用される電力を除き、全量を売電する。

JFE環境ソリューションズは日本バイオマス開発が石川県で進めている同様の発電設備を受注し、現在、建設を進めている。

(日経エコロジー編集/EMF)

<関連情報>

◇JFEエンジニアリングのWebサイト

◇JFE環境ソリューションズのWebサイト

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« グリーンランド:45万~80万年前に森林 | トップページ | 中国企業の44%が環境保護で違法行為・チェック機能に限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15675313

この記事へのトラックバック一覧です: JFEエンジなど、国内最大規模の木質バイオマスガス化発電設備を竣工:

« グリーンランド:45万~80万年前に森林 | トップページ | 中国企業の44%が環境保護で違法行為・チェック機能に限界 »