« 日本政府、インドに省エネ協力・共同声明 | トップページ | 環境配慮促す定期預金 »

2007/07/02

2030年、27度以上の熱帯夜が3倍に

国立環境研究所は2日、地球温暖化の影響で、2030年の日本では、最低気温27度以上の暑い夜が現在の3倍に増えるとの予測を発表した。

スーパーコンピューター「地球シミュレータ」を使って試算したもので、寒い冬の日は3分の1に減るという。

100年後の気候を予測した研究は数多くあるが、近未来の詳細な予測が公表されるのは初めて。

環境研の江守正多・温暖化リスク評価研究室長らは、1981~2000年の20年間の平均気温などと、2011~30年の近未来の予測気温とを比較した。

その結果、温暖化は100年後の遠い未来の話ではなく、2030年には、その影響が世界各地で表面化することが判明した。

東京を例にとると、最低気温が27度以上の極端な熱帯夜は現在の3倍に、最高気温が35度以上になる猛暑日も1・5倍に増加。逆に、最高気温が6度以下の寒い日や、最低気温が氷点下まで下がる寒い夜は3分の1に減った。

(読売 7/2)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 日本政府、インドに省エネ協力・共同声明 | トップページ | 環境配慮促す定期預金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15631547

この記事へのトラックバック一覧です: 2030年、27度以上の熱帯夜が3倍に:

« 日本政府、インドに省エネ協力・共同声明 | トップページ | 環境配慮促す定期預金 »