« 世界最大の太陽光発電施設、米カリフォルニアで建設へ | トップページ | 経済ファクター・環境保護-環境保護と技術革新に関する詳細分析 »

2007/07/10

「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン

政府が進める温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」事務局が募集を始めた、「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーンの協賛企業に、家電量販店の(株)ビックカメラと(株)びわこ銀行が平成19年7月9日までに参加を申し出た。
 
このキャンペーンは、安倍首相が提案した新たな国民運動「1人1日1kgのCO2削減(注1)」の一環として実施されるもので、「チーム・マイナス6%」内特設サイトで、温暖化防止の取組みへの「私のチャレンジ宣言(注2)」を行った人に対し、協賛企業が商品の割引、ポイント還元率アップなどのサービスを行うとしている。
 
今回協賛企業への参加を申し出た(株)ビックカメラのサービスは、「私のチャレンジ宣言」を行った際にサイトに表示される「チャレンジ宣言カード」を印刷・持参した人に対し、ビックカメラが指定する省エネ電球(電球型蛍光灯)の10%割引を行うとするもの。また同社は「1人1日1kgのCO2削減」運動に関するプロモーション映像を有楽町店外壁の大型ビジョンから1日10数回程度放映するほか、全店(全国の24店舗)で運動の啓発ポスターを掲示する。さらに今後、電球以外に対象品目を拡大することも予定しているという。
 
一方(株)びわこ銀行は、定期預金額の一定割合分をを環境保全団体や活動に寄付する「CO2ダイエット・チャレンジ定期預金(仮称)」の発売を検討中で、1kg以上のCO2削減を宣言した「チャレンジ宣言カード」した預金者に対し、優遇金利を適用するなど、この預金を通じて「1人1日1kgのCO2削減」運動を支援するとしている。

【環境省】

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界最大の太陽光発電施設、米カリフォルニアで建設へ | トップページ | 経済ファクター・環境保護-環境保護と技術革新に関する詳細分析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15718112

この記事へのトラックバック一覧です: 「1人1日1kgのCO2削減」応援キャンペーン :

« 世界最大の太陽光発電施設、米カリフォルニアで建設へ | トップページ | 経済ファクター・環境保護-環境保護と技術革新に関する詳細分析 »