« 排出権取引を積極活用する日本 | トップページ | 露大統領 世界で最も流通する殺傷兵器を称賛 »

2007/07/07

ポスト京都-日本の戦略

実効性の高い温暖化対策に向けた国際合意を
講演:山口光恒(東京大学先端科学技術研究センター客員教授)

◇京都議定書の長所と短所

◇ポスト京都に必要なCO2の濃度設定と長期戦略

◇温暖化対策に対する投資はどの程度が適切か?

◇究極の目標値設定の難しさ

◇省エネ技術革新には長期的国際枠組みが必要

◇世界の英知を集め、相反する経済と環境の両立を

◇効果的な対策のための冷静な分析を

(日経BP 6/28)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 排出権取引を積極活用する日本 | トップページ | 露大統領 世界で最も流通する殺傷兵器を称賛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15683311

この記事へのトラックバック一覧です: ポスト京都-日本の戦略:

« 排出権取引を積極活用する日本 | トップページ | 露大統領 世界で最も流通する殺傷兵器を称賛 »