« 世界各地で天候異変、農業や生活に打撃 | トップページ | ドイツ:風力や太陽光、2030年には電力消費量の45%に »

2007/07/04

温暖化、北極圏で池が消えた…カナダで昨年観測

北極圏の湿地帯が温暖化で夏に乾燥化し、一部の池は昨年、史上初めて干上がったことが、クイーンズ大(カナダ)などの長期観測で分かった。米科学アカデミー紀要電子版に2日、掲載された。

研究チームは1983年から、カナダ北東部のエルズミア島で、池の水位や成分などを繰り返し測定してきた。ここ数年は、どの池も80年代に比べて水の塩分濃度が高くなり、蒸発量の増加傾向が表れていたが、昨年はとうとう、いくつかの池が完全に干上がった。他の池や周辺の湿地も、水量が激減した。

こうした池は、北極圏の地表水の大半を占め、短い夏には様々な生物が現れる貴重な場所。いずれも1000年以上前から存在するとみられる。

(読売 7/4)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 世界各地で天候異変、農業や生活に打撃 | トップページ | ドイツ:風力や太陽光、2030年には電力消費量の45%に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15653754

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化、北極圏で池が消えた…カナダで昨年観測:

« 世界各地で天候異変、農業や生活に打撃 | トップページ | ドイツ:風力や太陽光、2030年には電力消費量の45%に »