« 中国の環境汚染:OECDが51項目の改善策勧告 | トップページ | 銀行は兵器に融資しているか? »

2007/07/17

「こども環境管理士」創設、保育士らに民間資格

日本生態系協会は17日までに、自然に接することの楽しさや環境問題の大切さを子どもに教えられる人材を育てるため、幼稚園教員と保育士を対象に、民間資格「こども環境管理士」を創設することを決めた。11月25日に1回目の試験を実施する。

同協会によると、教員養成の過程で自然への理解を深める機会がなく、幼児教育の現場に人材が少ないのが実情。資格を設けることでレベルアップを図る。

管理士資格は2段階。2級は幼稚園教員、または保育士の資格を持っている人を対象に、自然の中での遊び方や保護者に自然体験の意義を説明する知識が求められる。

1級は30歳代以上の主任クラスを想定。同協会のホームページで申し込み方法などを公開している。

〔共同 7/17〕

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国の環境汚染:OECDが51項目の改善策勧告 | トップページ | 銀行は兵器に融資しているか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15793314

この記事へのトラックバック一覧です: 「こども環境管理士」創設、保育士らに民間資格:

« 中国の環境汚染:OECDが51項目の改善策勧告 | トップページ | 銀行は兵器に融資しているか? »