« 中国初の再生可能エネルギー学院が創立 | トップページ | 原発はこれくらい「安全」です »

2007/07/17

豪政府、全学校に温水システムと雨水タンク 温暖化対策

オーストラリア政府は17日、地球温暖化対策と水不足対策の一環として小学校から高校までのすべての学校を対象に、今後5年間で太陽熱温水システムと雨水タンクを設置する計画を発表した。各校に最大5万豪ドル(約530万円)の「緑の引換券」と名付けたクーポン券を配布する。総費用は約3億3600万豪ドル(約360億円)。

昨年、史上最悪と言われる干ばつに見舞われ、温暖化防止のための京都議定書を批准しない政府を野党が批判。温暖化対策は今秋に予定される総選挙の争点の一つ。豪政府は太陽熱温水器を導入した家庭に1000豪ドル(約10万円)を支援する制度の導入も発表した。

ハワード首相はテレビ演説で「省エネルギーと水の保全に役立つだけでなく、生徒たちは環境保護のために地域で何ができるかをじかに学ぶことができる」と述べた。

(朝日 7/17)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 中国初の再生可能エネルギー学院が創立 | トップページ | 原発はこれくらい「安全」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15792594

この記事へのトラックバック一覧です: 豪政府、全学校に温水システムと雨水タンク 温暖化対策:

« 中国初の再生可能エネルギー学院が創立 | トップページ | 原発はこれくらい「安全」です »