« 東南アジアで大流行のデング熱、過去10年で最悪規模と | トップページ | 中国人民銀行 環境保護で問題ある企業のリスクに警戒を »

2007/08/01

中国 江西省で深刻な干ばつ、106万人の飲用水が不足

江西省では過去50年で最悪の干ばつが続いており、106万人分の飲料水確保が困難になっている。中国新聞社のウェブサイト「中国新聞網」が伝えた。

江西省洪水・干ばつ対策指揮部が発表した最新の統計データによると、同省では増水期に入ってからも降水量が極めて少ない状態が続いているという。4月1日~7月30日までの江西全省における平均降水量は594ミリ(例年同期比32%減)で、干ばつが深刻だった2003年の同時期よりも20%少ない。降水量が最も少ない都昌県ではわずか193ミリ(例年同期比41%減)で、1954年以来最少を記録した。

(人民網日本語版 8/1)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« 東南アジアで大流行のデング熱、過去10年で最悪規模と | トップページ | 中国人民銀行 環境保護で問題ある企業のリスクに警戒を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/15978554

この記事へのトラックバック一覧です: 中国 江西省で深刻な干ばつ、106万人の飲用水が不足:

« 東南アジアで大流行のデング熱、過去10年で最悪規模と | トップページ | 中国人民銀行 環境保護で問題ある企業のリスクに警戒を »