« The FT Sustainable Banking - ブラジル三井住友銀行 | トップページ | アメリカの世界を変えるお金の使い方 »

2007/08/16

北極海の氷面積、観測史上最小に

海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構の共同チームは16日、北極海を覆う氷の面積が、人工衛星による観測が始まった1978年以来で最小になったと発表した。氷の減少はさらに9月中旬まで続く見込みで、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が予測する2040―50年のレベルに早くも達する可能性が高いという。

北極海の氷の面積は毎年、9月に最小となり、冬に最大になる。今年は7月以降、例年より面積が小さい日が続いていた。8月15日の時点で530万平方キロメートルとなり、05年9月22日に記録した最小面積を更新した。

今年の氷減少の原因は低気圧による風の影響などで、氷が北極海から大西洋に押し出されたことなどが考えられるという。研究チームは「氷が減って太陽熱を吸収する海水面が広がり、さらに加熱されることで氷が解けるという悪循環に陥っている」と指摘。北極における温暖化も一因とみている。

(日経 8/16)

☆持続可能な社会と金融CSR【HP版】はこちら♪

★有意義な情報/記事を見つけたと思われた方は、クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
Blog_ranking_2

|

« The FT Sustainable Banking - ブラジル三井住友銀行 | トップページ | アメリカの世界を変えるお金の使い方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84872/16140089

この記事へのトラックバック一覧です: 北極海の氷面積、観測史上最小に:

« The FT Sustainable Banking - ブラジル三井住友銀行 | トップページ | アメリカの世界を変えるお金の使い方 »